KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD 2021

若手振付家による
ダンス公演&作品
を巡るディスカッション

ダンスでいこう‼2021
コロナ禍における若手振付家のための
プラットフォーム事業

About

アワードについて

『KYOTO CHOREOGRAPHY AWARD(KCA)』は、コンテンポラリーダンスの振付家育成プロジェクト「ダンスでいこう‼」の新プログラムとして2020年に創設しました。このアワードは、振付家育成のひとつの方法として、作品発表の機会と賞を設け、観客と共に作品を巡るディスカッションを行うことにより、アーティストの次なる活動へのステップとなることを目的に毎年開催します。
2回目となる2021年は、全国公募にて6組の作品を選出し京都府民ホールALTIで2日間に分けて上演します。各地のダンスのプロデューサーや評論家、他分野の専門家等を招き、京都賞を始めいくつかの賞を決定します。各賞は、作品の完成度・魅力だけではなく、振付家の未来に対する期待を含めた後押しとなる事を目指します。

募集要項はこちら

News

お知らせ

お知らせ一覧はこちら